出展社による製品・技術セミナー
セミナーの様子
多数の出展社が最新の製品・技術情報をセミナー形式で紹介します。

受講無料 会場:展示会特設会場
※受講希望の方は会場へ直接お越しください(事前申込 不要)
※満席になった場合は、立ち見あるいはご聴講いただけない可能性もございます。
※セミナーによっては、講演言語が日本語でない場合、通訳提供がない場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※都合によりプログラムの内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。 1月20日(水)
岐阜大学金型センターの概要と技術シーズの紹介

東海国立大学機構岐阜大学

I岐阜大学地域連携スマート金型技術研究センターの概要と大学が有する技術シーズの紹介

日時 1月20日 (水) 12:20 ~ 13:20
会場 EX-2会場(南展示棟1F 南2ホール)
AI図面文書比較/OCRとExcel化による自動車業界の業務効率化事例

(株) ワイ・エス・エス

・図面比較/文書比較で設計変更の差分比較
・PDF/TIFFのOCRとExcel化
・変更点/特性記号を自動発見
・電子印鑑でペーパーレス実現

日時 1月20日 (水) 13:15 ~ 13:45
会場 オートモーティブソフトウェアフォーラム会場(南2ホール)
自動運転アプリケーション向け低価格、高性能Lidarの開発と応用

セプトン・テクノロジー

モビリティ社会の実現を目指して、「眼」の役割を果たす重要な低価格かつ高性能Lidarセンサーの開発についてご紹介します。

日時 1月20日 (水) 13:40 ~ 14:40
会場 EX-2会場(南展示棟1F 南2ホール)
あなたの街にもきっとある、今そこにあるMaaS。

(株) りゅうにちホールディングス

技術的な要素と地域的な要素から成り立つMaaSを、
沖縄県南城市の観光型MaaSや、国内自動運転公道走行の実績を基に解説。

日時 1月20日 (水) 14:00 ~ 14:30
会場 出展社によるMaaSフォーラム会場(南2ホール)
CASEが牽引する自動車市場の解説

YOLE Developpement

本セミナーではCASEが自動車産業をどの様に牽引するか、その技術市場の観点から分析、解説致します。

日時 1月20日 (水) 15:00 ~ 16:00
会場 EX-2会場(南展示棟1F 南2ホール)
※都合によりプログラムの内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。 1月21日(木)
Knowles社高電圧MLCC

加賀電子 (株)

BMSならびにOBCでの応用事例

日時 1月21日 (木) 12:20 ~ 13:20
会場 EX-2会場(南展示棟1F 南2ホール)
ミリ波レーダの検証を核としたITS統合エミュレータ構想

(株) OTSL

NICT様の大規模仮想環境検証基盤上で、車載等のミリ波レーダシミュレーション に自動運転機能等を加えたITSエミュレータを構想

日時 1月21日 (木) 13:15 ~ 13:45
会場 出展社によるMaaSフォーラム会場(南2ホール)
IMSE - One-part solution for touch control and illumination

コーンズテクノロジー (株)

筐体, 電子部品, 配線を一体化し、HMIデザインの自由度を向上させ、最大90%の薄型化、最大80%の軽量化を実現します。

日時 1月21日 (木) 13:40 ~ 14:40
会場 EX-2会場(南展示棟1F 南2ホール)
NSW-MaaSプラットフォームのご紹介

日本システムウエア (株)

NSWが提供するMaaSプラットフォームのコンセプトや想定利用シーン等のご紹介

日時 1月21日 (木) 14:00 ~ 14:30
会場 出展社によるMaaSフォーラム会場(南2ホール)
"新川崎"で"新技術"に挑戦するKBICスタートアップ企業

KBIC(かわさき新産業創造センター)

新川崎にある首都圏最大級のインキュベーション施設"KBIC"と、そこで新技術に挑戦するスタートアップ企業をご紹介します。

日時 1月21日 (木) 15:00 ~ 16:00
会場 EX-2会場(南展示棟1F 南2ホール)
※都合によりプログラムの内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。 1月22日(金)
センサフュージョンによるフリクション推定及びクラウドサービス

NIRA Dynamics

NIRAの間接式TPMS技術を発展させた、フリクションを算出するセンサフュージョン技術とその情報を活用したクラウドサービスの紹介

日時 1月22日 (金) 12:30 ~ 13:00
会場 オートモーティブソフトウェアフォーラム会場(南2ホール)
AUTOSAR・MISRA・CERTのコーディング規約準拠はどうすれば?

テクマトリックス (株)

MISRA C/C++、AUTOSAR C++14、セキュリティ対策に有効なCERTにも対応した静的解析機能を搭載したテストツールC++testをご紹介。

日時 1月22日 (金) 13:15 ~ 13:45
会場 オートモーティブソフトウェアフォーラム会場(南2ホール)
【AD/ADAS開発】走行距離から測定可能な安全性検証へ

(株) バーチャルメカニクス

安全性確認の新たなアプローチとして、カバレッジドリブン検証を導入した自動化と分析のプラットフォーム「Foretify」を紹介。

日時 1月22日 (金) 14:00 ~ 14:30
会場 オートモーティブソフトウェアフォーラム会場(南2ホール)
出展社・製品検索へ
Copyright © by Reed Exhibitions Japan Ltd. All rights reserved.